2019年4月2日火曜日

白か黒か。

僕が生まれた家はいわゆるボットン便所で、どんなに家の中を清潔にしているご家庭でもなんとなくうっすら臭い匂いがしていたものです。今ではあまり考えられないかもしれませんが、完全にその匂いを消してしまうことが不可能だった訳です。

しかし昨今では、下水道の完備によりその匂いも消え、また消臭剤や除菌剤など臭いものを徹底的に排除する傾向になってきました。特に日本ではそれが顕著で、お互い匂いに関して最大限にきをつける人が多くなった。

ここで仮に臭いという事を 黒色とし無臭を白色だとすると、今の時代は限りなく白色を徹底的に追求する世の中となって来たと思います。僕が生まれた時のようにうっすらと匂っているなぞ今の時代の人には許しがたいことではないでしょうか。

しかし、匂いに限らず、昔は白黒の中間の色であるいわゆるグレーゾーンみたいな物がどの分野にも存在した。例えば飲酒運転にもグレーゾーンがあったし、赤線(合法の遊郭)ヒロポンなどがあり、街には必ずヤクザは多く存在したし、政治の世界では今では考えられないほど堂々と贈収賄が行われていた。官僚は天下りが慣例化していた。

このように日本でも何十年かまえまでは数多の限りなく黒に近いグレーゾーンが存在していた。しかし時代の移り変わりと極端な事件事故により、どんどん法律により規制していくこととなった。

善ということを盾にどんどん世論はグレーゾーンを排除してきたわけですが、その結果として人々はヒステリックにまで白色(善)至上主義となり、黒色(悪)を徹底的に叩き潰すといった攻撃性を僕はとても危惧しています。いわゆる善の傘を被っている者は徹底的に悪を排除しても良いということに。

くさいものには蓋をしろ、という諺がありますが、今の時代、臭い物は排除せよ!という感じがします。

僕は思いますが、では人は徹底的に白色な人間なんているでしょうか?と問いたい。何をするにつけ完全な白色なんて存在しない。例えば99%除菌のうがい薬で口をゆすいだところで何百万という菌は残るのと同じように、あらゆるもの事は全てグレーゾーンに覆い包まれているのは否定しようがないと思う。

その様なグレーな存在である人間であるにもかかわらず、その様な真っ白色を目指し続けて大丈夫か?と思う訳です。
既に現在の日本では、お互いがお互いを厳しくチェックしあい、もし黒色を発見しようものなら、善という盾を武器に徹底的に悪叩き潰しても良いというヒステリックさを感じます。

わかりやすい例で言うと、先日捕まったピエール瀧氏に対する世の反応はそれらを物語っています。

今の日本は、若い人の自殺率が世界一という記事を見ました。

そういった悲しい出来事と、先に述べた白黒の話は、関係のないこととは僕には到底思えません。


幸せ度ランキングでは日本は58位で先進国ではダントツの底順位。元号が令和と変わりましたが、世の中が良くなってゆく様には到底僕には思えません。

2018年12月8日土曜日

音楽を人に伝える。

例えばがくにフォルテと書かれてあると、音を強く、クレッシェンドだと段々と強く、ですが、こと音楽の現場、例えば作曲をした物を奏者に伝える時、そこはフォルテで!なんて言ってもそれは音量の数値が上がるだけで、その説明では少々お粗末の様な気がします。

先日テレビで、佐渡裕さんが念願のベルリンフィルで指揮をする、そのリハーサル風景が写っていた。佐渡さんは、はじめに音楽や表情を表面的に整えようと、それこそ楽譜書かれている情報の確認をしている様に映った。

案の定楽団のメンバーは好評化ながら、「これでは、楽譜の確認でリハーサルが終わってしまう」と言う人もいた。
勿論佐渡さんもそれをよくわかっておられ、次の日のリハーサルでは、音楽的な説明に対し、例えばですが。そこは、「突然暗い森の中に迷い込んだ様な不安な感じで!」みたいな表現をした時に、楽団の彼を見る表情がガラッと変わった。彼の感じている音楽をみんなで体験しよう!と言う様な雰囲気になった。

思うに、作曲家や、音楽の先生、指揮者などと言う人は楽譜に書かれている情報をいかに文学的に表現できるか、が非常に大事であるのではないか、と思います。

そこのピアニッシモを「降り積もった雪の上にそろっと足を踏み入れるように!」と言うと、しっかりとイメージが伝わると同時に、奏者のモチベーションも格段に上がるとおもいます。


正に一石二鳥。

2018年10月14日日曜日

お知らせ

こんにちは、木村知之です。私ごとですが、bass奏者としての演奏活動をこの10月を最後に完全に辞める事にしました。
理由は昨今、作曲と演奏活動の両立が非常に難しく、学生時代の目標であった作曲家としての活動及び研究にできる限り時間を費やしたいと思いました。

また、52歳となり、表現したい何かを出しきれず、時計が突然止まってしまうかもしれないと言う恐怖感も年々強くなってきました。

これから残りの一生を、作曲、研究に邁進し、広くは音楽を通して社会貢献できる様、勇気を持って生きて参りたいと思います。

今まで、僕を使って下さった多くのミュージシャン、共演者、ご支援下さった全ての方々に深く感謝をしております。

長い間本当にありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

木村知之




2018年2月13日火曜日

怒りについて。

怒りと言う感情のほとんどは自身の価値基準との誤差から生じると思う。

例えば、あいつは挨拶をロクに出来ない奴だ、だからダメだ。となった場合、怒り主は挨拶をするのは当たり前 当然だ!常識だと言う定義を武器に怒る。

しかしその価値基準は全ての人に当てはまるとは限らない。逆に、なんで挨拶しなけりゃならないの?と心から疑問に思う人には、なんでその人が怒っているのかが真に理解出来ないと言う事になる。そいなった場合お互いに不幸な事になる。なぜならば、挨拶の部分さえクリアできればその人と親友になれるぐらいの関係性があるかもしれないのに。

これは極端な例としても、もっと些細な事で言うと、お茶碗は向かって左側、となった場合、じゃ左側キキの人は?となる。

左側キキの人にとっては違和感のあるお茶碗の場所。しかし向かって右側にお茶碗を置いた場合、それは違うと言って怒る人もひょっとしているかもしれない。

思うに、色々な価値基準があるんだな~とちょっと思うだけで、その怒りは半減されるのではないか、と思う。

怒りは、自然な事だと思う。しかしひょっとしたらその人の価値基準の相違なのであって、それは怒るに値する価値があるのかしら?と思う事が、ままよく見かける。

ほとんどの怒りは、価値基準の相違がほとんどではないかと思う。

そうお互いが思うだけでも随分と自身の周りに平和が訪れるのではないかと思う。

2017年12月28日木曜日

孤独について。

昨日テレビで五木寛之さんが、孤独について述べられていた。彼は孤独に生きる事の重要性を語っていましたが、僕も同じ様な事を常に意識し考えています。

僕の自論では、孤独に生きるとは裏を返せば、自由に生きる、と言えるからです。例えば、自分はもはや孤独なんだと諦めると、とたんになんのしがらみも無くなる訳で、何をも気になる事が無くなる。自由に発想でき、自由に行動も可能になる。

例えば、他人から何か自分をバカにする、軽んずる様な態度を目の当たりににしたとしても、もはや自分は孤独に生きるんだ!という覚悟があればほとんど気にならないだろうし、別の角度からみると、義務教育だって、学校は中学までは行くべきだという雰囲気の中、僕は孤独に生きるんだ!と言うませた子供がいたとして、その子にとって学校はもはや重要なものでは無くなる。学校に行かなければならないと言う事から解放される。つまり孤独とは一般的にネガティブな印象が強いですが、意外とそうでもなく、むしろ自由をその人に与えるとも言える。

我々はみんなと仲良くしよう!力を合わせて!一丸となって、絆、などと言う言葉をポジティブなイメージとして教育を受けてきた。しかし逆に残酷な裏側もはらんでいるとも言える。

若者の自殺などはほとんど、その様なポジティブな思想に対するプレッシャーによるものだと僕は思う。友達に無視される。など確かに残酷、絶望的です。しかし人間は本来孤独に生まれ生き、孤独に死んで行くものだと、仮に教育されていたならば、まだ友達から無視された事も少しは楽に感じれるのでは、と思う。「みんな仲良く」「皆んなで一緒に食事」と言う言葉と思想は裏にはその様な残忍性が有ると思うのです。

では何故皆仲良くしなければいけないのか、何故孤独であってはいけないのか、については、そもそも歴史は古く、人間が農耕をしだした、一万年前にさかのぼる。それまでの狩猟採集生活では大勢の人の力が必要でなかったのに対し、農耕が開始されると、1人で作業するよりある程度の人が集まって作業した方がより多く安定的に収穫出来る訳です。

近年で言うと、世の中個人事業主ばかりだと税金が徴収しづらいが、社員が多数の会社であればあるほてど安定した税金が徴収出来る。だからみんな仲良くしてより良い社会を共に作りましょう!と管理者側はもっともらしく、また道徳なども混ぜ込んで教育する。この様なことが実は裏側にある本当の理由であると考えています。

みんな仲良くしよう!と言うスローガンの裏にはそういった権力者側の都合も無いとは言えない。

話はそれましたが、孤独に生きにくい世の中ですが、孤独であって良い、と言うか孤独に生きる事の方がむしろ正しいんだと思うと、いろんな事がバッと拓ける、と僕は思います。

ところで、人は生死を賭けた大ピンチに立った時、絶対に誰も助けてくれない。手を差し伸べてはくれないものだと僕思っている。少なくとも僕の過去に起こった大ピンチではそうであった。その様な体験を経て、孤独を肯定的に考えるようになった。と言うか皮肉にも孤独の持っている裏側の「自由」に気づくキッカケになったわけです。

2017年12月10日日曜日

クリスマスの夜はスーパーリコーダーカルテットのコンサートで!

クリスマスの夜はスーパーリコーダーカルテットのコンサート!

来たる12/25 (19時開演)梅田フェニックスホールにて、スーパーリコーダーカルテットのコンサートがございます。
僕が編曲した、クリスマスメドレー他枯葉、ダニーボーイ、オリジナルの永遠の光 などが演奏されます。当日コンサートでの曲が収録されたCDも発売されます。本当に素晴らしいCDに仕上がりました。

また1/14 は上野の東京文化会館にてニューイヤーコンサートもございます。ここでは新作編曲作品もご披露する予定です。
東京方面の方も是非いらして下さい。僕も行く予定です。

2017年11月28日火曜日

恐怖について。

僕が尊敬している人は何人かいますが、そのうちの1人にマイクタイソンがいる。

言わずと知れた元ヘビー級チャンピオンですが、彼の発言は常軌を逸している。
その中でも特に印象に残ってる言葉に、
「人生でどうしても達成したい何かがあるのなら、お前は幸せを捨てる意思を持たなくてはならない。恥の気持ち、内気さ、俺はセンシティブな心をすべて失ってきた。こういったものを捨てなければならないんだ」

誰しも幸せになりたいと思うものですが、確かに何か大きな目標を達成する為に捨てなければならないのは、「幸せ 」かも知れない。

この様な思想は僕の尊敬する人達に共通している。

僕もそろそろその様な覚悟を持つ時期が来ているのを感じる。でなければ何もしないで一生を終える事になる。それはそれで僕にとっては最大級の恐怖。

それは見送り三振ゲームセットみたいなもの。