2019年11月21日木曜日

心の拠り所、について。

先進国では精神的に病んでしまった場合、一般的に西洋医学に頼るしか術が無い、つまり精神科なり心療内科で治療を受ける場合が多い。 西洋医学の薬は、例えば風邪薬だと症状を緩和させているのみで、ウイルスは自分の免疫力によって回復に向かわせる。 これは精神科などで行われている治療にもあてはまる。つまり精神科で処方される精神薬は何か心の病に対しその苦しみを緩和させている(つまりごまかしている)に過ぎず、根本的な病みのCoreは存在し続ける。先に述べた風邪だとウイルスに対し最終的には自身の免疫力で回復する。では、精神病の場合そのウイルスに相当する心の病を根本的に治してくれるものは?? 物理的に存在しているウイルスに対し、存在が見えない精神的病は、ウイルスをたたいて治す的な治療が不可能。それははまるで幽霊と戦っているようなものです。 ではその病を回復に向かわせるのは何か?と言うと、僕の経験からすると、心の拠り所、つまり病の濁流に流されない〝しっかりとしたつかまるための太い樹〟これにつかまっていたら大丈夫、と言う〝つかまるもの〟が必要でした。 ところで、現代人は数値化できないものを日に日に信じなくなっている。全ては数字で評価し、数字のデカイものが勝利者で少ない者は敗者にならざるを得ないと言うのが現実と言っても過言ではない。 一方で、皮肉にも数値化できない〝精神的な闇〟は深刻さを増す一方です。実際に僕の周りにもその波は10年前と比べても圧倒的に深刻化しています。 その物理的に存在しない問題に対しではどの様に乗り越えて行くのか? その問題に対し昔から宗教や哲学があるし、みなそこに答えを求めようとしてきた。 最近インド人の若者と話しをした時の大変印象的な話しを聞いた。彼の話しによると、最近のインド人の若者は、彼らの大半が信じているヒンドゥー教を確かに信じてはいるが、かと言って親世代のそれとは違う。確実にもっと現実的な物を信じるようになってきているらしい。 特にビックリはしなかったものの、やっぱりか、、と思った。 先程も述べ様に現代人はどんどん数字を信じる様になってきている。しかし現代が抱えている問題はむしろ数字で解決出来ない、〝物理的に存在しない存在〟つまり心の混乱は益々盛隆する事となるだろう。 益々存在が希薄になる宗教なり哲学、まして宗教に対し希薄にならざるを得なかった日本人は、精神的混乱をそれらに救いを求める事は難しいと思う。 だったらせめて、おりおり、自分にとって最も身近な〝存在しない存在〟であるご先祖に手を合わせ思いを馳せる時間が一日のうちほんの数秒あるだけでも何か心の拠り所を、濁流に流されない〝もつところ〟を感じるのではないかと思う。

2019年11月8日金曜日

ジャジャジャジャーーーン

経験から言える事ですが、編曲と言うジャンルは、要はどれだけ勉強したか、もっとわかりやすく言うと、どれだけのデータ量を持っているかが勝負だと思う。(もっともそれをどれだけセンスよく扱うかと言う問題はありますが)よって編曲家と名乗っている人に専門知識の無い人は世の中に存在しない。 では作曲はと言うと、これは、特にモチーフ(冒頭の素材、例で言うと、ベートーベン交響曲第五番の運命のジャジャジャジャーーーン)はその人のある種独特の、クレージーな、どうしようもないkarmaがそこに投影される。つまり作曲と言う行為は、その人そのものと言う事になる。モチーフは取り繕う事が不可能が故、その人そのものが音に入魂される。 勿論作曲もおおいに専門知識を必要としますが、しかし肝はやはり最初の ジャジャジャジャーーーンです。 そう考えると、編曲と言う作業はデータ量が勝負だと仮定すると、AIでも出来る事となる。これはオーケストレーションにも言える。例えば、これはワーグナー風、これはジョンウイリアムス風、これは武満風、の様に。 そう考えると、これからの作曲の生業とは、どれだけ勉強するか、もしくはどれだけクレージーになれるかにかかっているのではないかなどと考えてます。 僕はやはりジャジャジャジャーーーンに人生を賭けたい。

2019年10月31日木曜日

人を見て、この人は良い性格だとか、逆に悪い人だとか言うのは、僕にはあまりよくわからない。そもそも人間は皆良い人であり悪い人と思う。 それよりも 、この人が、何かにつけ覚悟が決まっている人とそうでない人、これは白黒のごとくよく分かる。 これは年齢とは無縁で、若い人でもそう言う人はいるもので、その人の目は鋭い刃物の様に静かで、そして殺気だっている。

2019年10月16日水曜日

音楽と言う言葉について。

音楽と言う言葉は 音を楽しむ事、とよく訳されますが、、とんでもない間違いで、本当は血の滲むような努力をした上で、一瞬その様に思う瞬間があるかないか、と言うのが真実。

楽しいと言うより、苦しいけれど好きだからしょうがない、からやる、と言う様なものです。

死ぬほど鍛錬した上に一瞬の喜びがある、それが音楽で、決してイージーな物では無い事は専門家なら誰だって知っている。

そもそも音楽の、楽、って言う文字はとても違和感があるし、世間的にもその 楽、と言う一文字で、相当勘違いされてるのでは?と思います。
今朝、ドトールコーヒー庄内店でいつものモーニングセットAを注文し、いつもの席に座って朝食をとっていた。今日は朝早い事もあり店内はガランとしている、とその時、ジャージ姿のおばちゃんが真隣に座り話しかけきた。

おばちゃん:「お水どうぞ」(ドトールは水はセルフ)

僕:  ありがとう、、、!?

おばちゃん:  兄さん今日は仕事?なんかえーとか書いてるん?

僕 : ちょっと違うけどまあそんなとこやなー

おばちゃん : ここようきますん?

僕 : ようきますよ!ここのコーヒーうまいしね。

おばちゃん  : そうなんよ、、私もなー、コーヒーも好きやけど、、男性もすきなんよーーー!!アッハッハッハッハー!



と言う事で朝から庄内のおばちゃんにナンパされました。その後30分くらいおばちゃんの半生を聞きました。ご主人を交通事故でなくされ、女手一つで4人の娘さんを育てらしく、いまは皆家を出てちょっと寂しいらしい。

おばちゃん  : ところでお酒のみはんの?

僕 :  飲みますよ。

おばちゃん:   ほな今度連れってーな!ハイヒール履いてくるさかいに!

僕  :  エエな!(汗)

おばちゃん  : ほな電話番号おせーてーな!

僕  :  大爆笑 の後  また今度にしょう、、、


おばちゃんの歯の抜け切った笑った顔はなかなか可愛いらしかった。とさ。

恐るべし、庄内のおばちゃん。

2019年9月16日月曜日

一か月ほど前、NHKの教育ラジオで、中国の易経、帝王学についての放送があった。
兎に角、車に乗りながらも引き込まれた内容でしたのでほぼ覚えいるのですが、その内容はといいますと、、

中国のある所に龍が住んでいます。龍の仕事とはもっぱら、雨を降らせること。つまり日照りが続いた日が続くと、人間は龍に雨乞いをするわけです。優秀な龍は、雨乞いを感じたと同時に雨を降らせる事が出来、そういった龍は、人々から尊敬と畏敬の念を抱かれてる。

ある龍は、雨乞いを感じながらもなかなか雨を降らせる事が出来なかった。その時龍は 俺はダメな龍だと落胆する。

しかしある時から、雨乞いのサインを感じると思い通りに雨を降らせる事が出来る様になってきた。最初は龍も偶然だと思っていましたが、あまりにも何度も雨を降らせる事ができ、人々からも尊敬され出すと、俺はひょっとして天才?などと思いだします。

この状態が所謂、易経で言うところの、陽、の状態になる訳です。人間、陽の状態になるとその人の実力如何に関わらず何をやってもうまく行くそうです。

そうなった龍の事を飛竜と言うそうなんですが、
飛竜になるとどうなるかと言うと、もっともっと凄い龍になろうと思い、もっと高い所まで登ろうとします。

そして辿り着いた場所はと言うと、そこは周りに雲もない高さまで登り詰めます。

正にその時、人々が雨乞いをすると、、飛竜は周りに肝心の雲が無い為に雨を降らせる事が出来ません。

と言うお話。


ではどの様にしたらまたもとの、皆から有難いと思える、飛竜になれるのか?ですが、

その帝王学によると、今まで、陽 が強すぎた飛竜は、その反対の、陰 を取り込む事により、また元の雲がある良い高さに降下する事が出来ると言うわけです。

では、陰 を自分の中に取り込むとは、具体的にどう言う事かと言うと、例えば、今正に 勝ち負け、どちらも自分の意思で選ぶ事が出来る状態の時、あえて負けを選択する事なのだそうです。

具体例ですと、めちゃくちゃ疲れて電車に乗って、やっと座れたと思っている時、前にお年寄りが立ったとします。当然、俺は今日は疲れていてやっと座れんだ、今日は座らせて欲しい、しかし、敢えてその座席をお年寄りに譲る事、これが いわゆる 陰 となるらしいです。つまりは自分の持っている、時間なり、財産なり、利権なり、才能なりを人に差し出す。これが陰となり、飛竜はまた元の雨を降らせる高さに戻り、皆から有難いと思われる 飛竜となると言うお話です。

負けるが勝ち、なんて言う言葉を聞いた事ありますが、案外そうなのかもしれませんね。

僕が今後欲しい物があるとすれば、オープンマインドです。何時も気づけば自分の殻に身を隠そうとする。ちょうど亀や丸虫の様に。
要するに人に対してちょっと臆病なところがある。
オープンマインドが欲しいと言うモチーフ、理由は、今観ている同じ景色を、違う角度つまりオープンマインドな自身の角度から見ていたい。きっと美しい物はより美しく、醜いものはより醜く映るのであろうと思う。

一回しか無い一生、あと何十年生きるか分からないけど、大体サイズは感じられる今、欲しい物と言えばそれがまず頭に浮かぶ。

今となっては、他に欲しい物は、と言えば、、物は勿論、名誉、名声もいらない。お金はいるだけは欲しいが特に興味はない。特に名声、名誉、物の値打ちは近年どんどんと下がって行く一方。何故ならば、その様な物は死んでしまえば、意味も価値も色褪せやがては無くなる、という事くらいはこの歳になると様々な経験から予想がつく。

そう考えると大事なのはあと残された時間をどう生きるか?ですが、今欲があるとすれば、それは世界の色々な文化に触れ、それらの価値観や生活に触れてみたいと言う事。
今一番行きたいのは中東のイスラム圏の国。
今の日本は、同じアジアでも文化的宗教的に随分と遠い様にも思う。(よく僕はイランの映画をみますが、どの映画も日本人に比べて純粋に生きている、凄く細やかな繊細な感情が写しだされている物が多い。)

世界の色々な文化をオープンマインドな精神で観てみたい。そこにはキラキラとした子供の頃に観た様な感動があるかもしれない。